秘伝の知恵をお届け生活情報ラム

東京都民として生活を送るファイズの生活をリポート

最近、都心で主流となっている家族葬について

葬儀の規模を遺族が選べる家族葬儀

東京都民は人付き合いが少ないと言われていますが、冠婚葬祭などはあいかわらず少し独特なかたちで行われています。
最近都心で需要が増えてきている家族葬とは、一般的なお葬式よりも規模が小さく、ごく親しい近親者のみで行うお葬式の事です。
一口に規模が小さいと言っても、家族血縁者のみが集まる場合もあれば、親しい友人をお招きする場合もありますので、故人や遺族の意向によって規模は変わってきます。
お葬式のスタイルが選べないとか、火葬のみのスタイルと思っている方も多いようですが、実際はさまざまなスタイルから選べますし、火葬前の通夜や告別式といったセレモニーも行います。
大々的に参列者をお招きしないという形が多いようです。

家族葬儀は手厚い上に費用も抑えめ

儀礼的に参列する方が少ないので、参列者のほとんどが火葬場まで同行するケースが多いのも特徴です。
家族や親族、親しい友人のみの参列となるので、遺族も気を使うことなくゆっくりとお別れが出来るのも人気の理由です。
規模が小さくなるので、当然の事ながら葬儀費用も一般的な物よりは抑えられます。
祭壇や派手な装飾を好まない方も多く、会場を小さくする事でお安くなります。
また弔問客の人数も少なくなるので、飲料や返礼品に関する費用も抑えられます。
ただ、安くなるからと言う理由のみで家族葬を選択するのはお勧めできません。

故人の遺志と遺族の希望で実施されます

まずは故人の遺志を尊重して考えます。
さらに遺族が昔からの習慣や風習、弔問客について考えてから決断することです。
費用だけを考えて、葬儀に参列してお別れを言いたかった方の気持ちを無視してしまうような事は避けるべきでしょう。
注意する点は、葬儀が終わった後に訃報を知った方がご自宅にお参りに来られる場合が多いという事です。
その人数が多いほど、遺族も対応に追われて負担となってしまいますので、事前によく考えて家族葬にするかを決めなければなりません。

秘伝の知恵をお届け生活情報ラム新着記事一覧

おすすめサイト